9/17/2011

一個劇,劇本好才是重要的

引用昨天一則日本的新聞。
俳優の瑛太(28)主演フジテレビ系連続ドラマ「それでも、生きてゆく」(毎週木曜後10・00)の最終回が15日に放送され、平均視聴率が10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。希望へと向かった最終回で何とか2ケタを回復した。全話の平均は9・3%だった。
15年前、友人に妹を殺害された青年と、加害者の妹が次第に心を通わせていく“禁断の愛”を描くヒューマンドラマで、脚本は「東京ラブストーリー」などで知られる坂元裕二氏。共演は満島ひかり(25)、風間俊介(27)、田中圭(26)、大竹しのぶ(53)ら。

 全話中、2ケタを獲得したのが初回と最終回を含む3回だけ、前クール(4~6月期)の同枠ドラマ「BOSS」(天海祐希主演)が初回16・3%、全話平均15・1%と高視聴率を獲得したのと比較しても、数字としてはかなり厳しい結果と言わざるを得ない。

 しかし、重苦しいテーマを扱っているだけに賛否はあったものの、瑛太、満島をはじめ実力派と言われる俳優陣の演技も光り、作品の質に関しては好評価も多く聞かれたのも事実。チャレンジ的な作品だったことを考慮すれば、よく健闘したと言えるかもしれない。

好在~日本的媒體還不是太瞎,可以看見真正的好戲,不會以成敗絕對論英雄。
是勒~在出新書之際,應該大大的先宣傳自己的新書[旅行,一個人小確幸中],可是在心態上(很無聊的哩),以為18日後才算是真正的新書啟動。
因為博客來,18日才可以購書囉。

因此~~今天要很認真的推荐這個日劇,在很~~認真的推荐自己的新書之前。
這檔夏季的日劇[それでも、生きてゆく](即便如此也要活下去),實在是太~~好看了。
劇本一流。
演員的演技一流。
個人以為是近期,近年日劇少有的好劇本。
很恐怖的一部日劇,戲中每一個演員都超會演的,看完對瑛太再次刮目相看,也不免開始氣那旬君不認真的挑角色。
劇本是~[坂元裕二]。
看了這劇會想看編劇是誰。
原來是[Mother]的劇本作者。

http://www.fujitv.co.jp/ikiteyuku/index.html
一個同樣是作者的評論。

[主演の瑛太も、満島ひかりも頑張っているが、核を担っているのは何より、坂元裕二の脚本力に尽きる。
昨年の「Mother」に続いて、現代が抱える社会問題に正面から取り組み、
説得力のあるセリフに昇華させている。

これまでの坂元裕二の代表作といえば「東京ラブトーリー」(東京愛情故事)(1991年)であり、
この大ヒットによって順調にキャリアを築くはずが、翌年、同じ月9の
「二十歳の約束」のヒロイン牧瀬里穂のアゴが落ちるほど下手な演技によって、宙に浮く。
芸人によるパロディーで「ヒューヒュー、ヒューヒューだよ」と
何度も繰り返しマネされた、ある意味、伝説の演技だ。

どんなに力を入れて脚本を書いても、役者と演出次第ではぶっ壊しだということを、
本人も学んだのではないだろうか。
何本書いても、そのあと「東京ラブトーリー」を超えることはなかった。「それでも、生きてゆく」は、幼女殺人事件の加害者家族と被害者家族のその後の人生を描く、重たいテーマの作品。展開が読めず、息詰まるような緊張感は、サスペンスドラマをしのぐ。とくに、被害者の母親役・大竹しのぶが何度か見せている長ゼリフの演技は、まさに彼女にしかできない、天才女優の本領発揮。]

有耐心的,真的可以找時間耐心的看一次。
說要有耐心,是~~一開始真的是有些小悶悶,甚至開始看時還一度想放棄,畢竟真是太~~悲了。可是~後來隨著劇情的發展。真是戲劇張力十足,超有心理戲的。
不是那種灑狗血的劇,不是那種~善惡兩極,情緒歇斯底里的劇。
這麼好的劇,平均收視不過是9・3%,太可惜。

2 則留言:

Pat 提到...

我都有看, 每個演員做得很好.

MIlly喜歡 提到...

Pat

是讓人想大推的日劇^^

Milly